人気ブログランキング |

日記の在り方。

今はこうやってネット上で日記を公開しているが、そもそもの始まりは子供の頃の絵日記。
1日の出来事(大したことはないが)を淡々と書き連ね。
しかし、これはあくまで宿題であって先生(他人)に見せることが前提。

ずっと放置してた日記が復活したのは高校時代。
きっかけは忘れたけど、このときは自分の言葉で素直に書けた。
完全非公開(笑)

親父が亡くなったあとに、古い日記を発見。
そこには自分の知らないひとりの男の言葉が記してあった。
ちなみに、とても母には見せられない・・・(爆)

自分で日記を書くにつれ、「人に読んでもらいたい」という欲求がでてきた。
もちろん、すべてはお見せできない。
友達 いなくなりそうだ(笑)

本来、自分の胸の内にあるごちゃごちゃした感情を文章として形に残すもの。
俺はそう思っている。
そうしてココロの整理をして ちょっとスッキリ。


公開したブログに返事がくる。
会ったこともない、出会うはずのなかった人からメッセージがとどく。
画像をアップする。
世界中で俺の唄を聴くことができる。
不思議な時代になったものだが、素晴らしいこと。

ここは無法地帯。
嘘もホントもごちゃ混ぜで飛び交う世界だから。
だから、自分の言葉には責任をもち、
飛び交う情報の中から大切なものを見極める。

もちろんリスクは伴うが、
結構おもしろいんじゃないかな。

by koji-okada5 | 2008-06-01 11:44 | 戯言