人気ブログランキング |

やっぱり爆笑王

アマチュアではありますが、自作の歌を唄っている自分の中で
大きなテーマでもある

「失ってはじめて 気付くもの」

それは人間関係であったり
地位や名誉もそうかもしれないけど。


本当は解ってるはずなのに
当たり前になりすぎて、忘れてる事って案外多い。

今回のコロナ騒動の渦中において
突然飛び込んできた
志村けん(敬称略)の
感染、重症説、そして 訃報。


「まさか、死にはしないだろ。」
なんて高を括っていたら

あっという間だった。



【お笑い第7世代】って言葉が出てきて
「じゃあ第1ってなんだよ。」なんて突っ込んでたりしていて、
自分にとってはドリフだったなぁ と
思ってた矢先。

記憶にある1番古いお笑いは
まさに「志村けん」だ。

東村山音頭、ヒゲダンス、早口言葉・・・

子供の頃、腹を抱えて笑ってた。


全員集合が終わり、MANZAIブームが訪れ
ひょうきん族、お笑いスタ誕、ものまね四天王 等々
時代が流れると共に
いつしかあまり観る事もなくなってた。

と思ってたけど。


カトケン、バカ殿、だいじょぶだぁ・・・

やっぱり覚えてる。

てゆうか、
ずーっと観てる。

いつの時代も
ずーっとTVに居る。


4、5年前かな。
YOUTUBEでドリフの頃のコント
当時のアイドルを相手に絡んでるやつ観て
爆笑してた。

今日は1日
いしのようこ との夫婦コントを
泣きながら観てた。

最初は感傷に浸ってたけど、
いつの間にか単純に笑い泣きになってた。

やっぱり 爆笑。

どの時代も面白い。

老若男女問わず笑かす。


凄い人だ。


芸事に限らず
ひとつの事を究めるには
計り知れない努力とリスクがある。

そのくらいの事は解ってる。

頭では。

自分もそうありたいと思うし、
成し遂げられると信じてる。


でも、
うまくいかない事が続くと
やっぱり不安になるし
「もう年だし・・」なんて弱音を吐いたりもする。


自分が憧れてきた人や
身の回りにいた仲間たちが
だんだん亡くなっていく。

そんな年齢にもなった。


志半ばで他界した人達。



こんな時はいつも思う。
「アイツらの分までやってやる」


五体満足で生きていられる今。


今更とか

もう遅いとか。



言い訳考えてる時間があるなら
1歩前へ進め。


あの世から
きっと言ってくれる筈だ。


「だいじょぶだぁ~」




という

備忘録。

by koji-okada5 | 2020-04-02 00:22 | 戯言